臨床心理士とは

自死や過労死、うつ病、児童虐待、不登校、認知症、被災者支援など、こころの問題への対応は医療・福祉・教育・産業・司法といった多くの領域で喫緊の課題となっています。
「臨床心理士」とは、(財)日本臨床心理士資格認定協会の認定を受けている「こころの専門家」です。医療・福祉・教育・産業・司法など様々な領域で、こころの問題に対して支援活動を行っています。臨床心理士は、臨床心理学を中心とした心理学の理論や技法にもとづき、専門的な援助・支援を行います。臨床心理士の活動が大きく4つに分類できます。

臨床心理士とは-図1

  1. 心理アセスメント:心理検査(知能検査・発達検査・人格検査など)や観察、面接を通して、問題の状況やこころの状態、課題などを明らかにします。
  2. 心理面接:こころの問題や課題を抱える方(個人・カップル・家族・集団)に、臨床心理学の技法にもとづいた心理カウンセリングや心理療法を実施します。
  3. 臨床心理的地域援助:こころの問題の解決に向けて、環境調整を行ったり、他の専門機関との連携を行ったりします。
  4. 研究活動:臨床心理学に関する研究活動を行います。