倫理委員会

臨床心理士は、高度の専門職業人であり、職業倫理が求められます。それは、その専門的資質や能力を高めるためであり、さらに、利用者の期待に応えるためでもあります。
臨床心理士の社会的責任が増大している今日、職業集団として自浄能力の有無は社会的信用性に大きくかかわります。その意味でも当県士会は倫理委員会を設け倫理についての規程を有しているのです。倫理問題に関して当委員会に寄せられる臨床心理士の言動又はその利用者から申し出られた内容について、臨床心理士が行う専門業務の適正な展開や、利用者の福祉を側面的に援助するため、適切な問題解決・支援を図ることに努めています。

山梨県臨床心理士会について