会長挨拶

 この度、平成30年度山梨県臨床心理士総会において、会長として承認された深沢孝之と申します。よろしくお願いいたします。
当会は、平成5年9月4日に発足し、今年で25年目になります。わずか10数名の会員からスタートし、今や150名を超え、教育・医療・保健・ 福祉・司法・産業・矯正・私設相談等、県内の様々な分野においてこころの専門職として活躍しています。これも会員の臨床心理士諸先生方のたゆまぬ研鑽と努力、実践の賜物と深く感謝申し上げます。これからも悩める人々、病気・障害を持つ方々など、困っている方々の視点を大切にしながら、会員と共に励んでいきたいと思います。
 また、今年度は、心理職の初めての国家資格である公認心理師が誕生します。当会の会員も多数が、公認心理師を取得することが見込まれています。それにともない、公認心理師と臨床心理士の在り方について、今後活発な議論が行われることが予想されます。心理職にとっても時代は大きな転換点にあるといえます。当会としても、会員の皆様、県民・住民の方々のご意見を拝聴しながら、より良い心理職の在り方を検討していく所存です。

 これからも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成30年7月
山梨県臨床心理士会会長 深沢孝之